2017/03/15 更新:ひびきのAI社会実装研究会(第4回)

ひびきのAI社会実装研究会発足会議事議事メモ

日時:3月8日(水)13:30-15:30
場所: 北九州市若松区ひびきの 技術開発交流センター 1F中会議室
出席者 14名

概要:
・事務局から主催セミナーの開催案内があった。
・2017年4月以降の開催日程案を事務局から提示した。再度、委員宛に案を提示して都合を確認する。
・FAISの購入品について、経緯と現状を説明。クラウドコンピューティング  の試行を開始した。
〈応用分野について〉
・応用分野とHISEATの優位性、先進性について再度確認。
・応用分野を絞り込み、各委員から希望する担当分野を募る。
 1)-1 プラントへのAI導入
 1)-2 見守り、介護支援
 1)-3 省エネルギー
 1)-4 交通システム
 2)-1 スパースモデリング導入
 3)-1 ハードウエアの開発
 4)-1 ロボット導入による農林業の再生
 4)-2 自動運転 田向(NEDO関係)山崎
・今後、企業からの研究会メンバーとして、全体的な議論ができる方、応用分野について技術的な議論が出来る方の2種類で募ることとした。

〈人材育成について〉
・AIの連携大学院について構想を議論した。
・構想について各大学、国に説明していく。