ひびきの児童クラブの小学生にプログラミング教室を開催しました。

 8月7日~8月8日の2日間、ひびきの児童クラブの小学生高学年を対象に、プログラミング教室を開催しました。
 20年度より、学校でもプログラム教育が開始されます。 子供たちに少しでもプログラムの楽しさを知って貰おうと、自動車技術センターでは、定期的にプログラミング教室を開催しています。
 今回も、プログラム初心者を対象に、センサのー仕組みや、それらを使ったプログラムを作成して、実際にLEGOカーを動かして貰いました。

 プログラム教室参加者は、初心者ばかりでしたが、全体の感想としては、難しかったけど面白かった、楽しかったの意見が多く、十分楽しんで貰えたようです。



ゆめみらいワーク2019に出展しました

 令和元年8月23日(金)~8月24日(土)の2日間、小倉の西日本総合展示場にて、「ゆめみらいワーク2019」が開催されました。
ゆめみらいワークは北九州市内の企業をはじめ、大学・短大・専門学校などが出展し、地元企業の実際の仕事や学校での学びを体験。楽しみながら、将来について学ぶことの出来る展示会です。
 自動車技術センターからは、将来の自動車関連の組み込みエンジニア育成を図るため、プログラミング教室を開催しました。 LEGOのプログラミング教材を使い、センサーの仕組みやそれらを使った簡単なプログラムを作成し、実際にLEGOカーを動かすといったプログラミング教室を開催し、来場者に楽しんで貰いました。

プログラミング教室の模様

 プログラム教室には、市内の小中高校生やご家族の方など、多くの方々にご来場頂き、本当にありがとうございました。
 これからの将来を担う子供たちに少しでもプログラムの楽しさを知っていただける良い機会となりました。



>>HOMEへ