将来を担う学生向け人材育成

連携大学院

 北九州学術研究都市の3大学が、自動車・エレクトロニクス業界の支援も得て、平成21年度から連携大学院カーエレクトロニクスコース(カーエレコース)を開設、高度な専門人材を輩出しています。さらに、平成25年度からはインテリジェントカー・ロボティクスコース(カーロボコース)も開設し、自動運転、知能ロボットの分野でも次世代を担う専門人材の育成に取り組んでいます。

>>連携大学院カーエレクトロニクスコースのホームページは、こちら

>>連携大学院インテリジェントカー・ロボティクスコースのホームページは、こちら

<特色>
・大学と企業・北九州市・(公財)北九州産業学術推進機構が密接に連携した運営体制で就職等を支援。
・自動車やロボット等の業界から第一線で活躍する企業技術者を講師として招聘。
・カーロボコースでは、夏期に総合実習と競技会で実践学習。高専・大学学部生とのインターンシップ制度を利用したチーム学習を実施。
・カーエレコースでは、これまで多くの先輩が大手自動車関連企業(トヨタ自動車㈱、日産自動車㈱、マツダ㈱、三菱自動車工業㈱、㈱デンソー、アイシン精機㈱、富士通テン㈱等)に就職。



連携大学院の全体スキーム


自動車工学「エンジン分解・組立実習」の様子
(協力:日産自動車九州㈱)
カーロボコース 夏期の総合実習の様子

オフサイトミーティング

 自動車関連業界のエンジニアと人事担当者を招聘し、連携大学院の学生と企業動向・技術動向等のテーマをもとに意見交換を行い、職業観の醸成と就職に向けたきっかけづくりを行います。

オフサイトミーティングの様子

実践的派遣教育

 実践力を備えた産業人材の輩出を目的に、学研都市3大学の学生を対象に、自動車・ロボットの高度化、知能化分野において、企業の研究開発部門などへの派遣教育を支援します。

<要件>
・大学と企業が行う共同研究活動に参加し、一定期間企業に派遣されるもの。
・実態として概ね3か月以上にわたり、共同研究活動がなされているもの。
・所属する研究室の指導教員の同意がなされているもの。

社会人向けの人材育成

次世代自動車勉強会

 自動車産業参入に関心を持つ地域企業を対象に、次世代自動車に関する業界・技術動向等の学習機会を提供し、参加企業の得意技術や経験を活かせる分野の探索や新たなビジネスチャンスの発掘を図り、地域企業の自動車産業への参入と事業拡大を促進します。

FCVセミナーの様子 電気自動車構造勉強会の様子

自動車関連セミナー

 北九州産業学術推進機構が主催する「ひびきのサロン」や「産学連携フェア」等において、自動車関連のセミナーを開催しています。

ひびきのサロンの様子