・学生向け人材育成教育
・社会人向け人材育成教育

将来を担う学生向け人材育成

■連携大学院

 カーエレコースは2018年度で終了し、カーロボコースと共に2019年度から「カーロボAI連携大学院」として再編されました。

 北九州学術研究都市の3大学が、自動車・エレクトロニクス業界の支援も得て、平成21年度から連携大学院カーエレクトロニクスコース(カーエレコース)を開設、高度な 専門人材を輩出しています。さらに、平成25年度からはインテリジェントカー・ロボティクスコース(カーロボコース)を開設、自動運転、知能ロボットの分野でも次世代を 担う専門人材の育成に取り組んできました。
 昨年度、更なる改善に向け協議した結果、これまでのカーエレコース・カーロボコース・AIサブコースを統合し、「カーロボAI連携大学院」に再編する事となりました。

>>カーロボAI連携大学院のホームページは、こちら

<特色>
・大学と企業・北九州市・(公財)北九州産業学術推進機構が密接に連携した運営体制で就職等を支援。
・自動車やロボット等の業界から第一線で活躍する企業技術者を講師として招聘。
・連携大学院では、夏期に総合実習と競技会で実践学習。高専・大学学部生とのインターンシップ制度を利用したチーム学習を実施。
・履修者は、大手自動車関連企業(トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、マツダ株式会社、三菱自動車工業株式会社、株式会社デンソー、アイシン精機株式会社、株式会社デンソーテン、等)に就職。



連携大学院の全体スキーム

自動車工学「エンジン分解・組立実習」
(協力:日産自動車九州㈱)
@ホームロボット製作総合実習

■オフサイトミーティング

 自動車関連業界のエンジニアと人事担当者を招聘し、連携大学院の学生と企業動向・技術動向等のテーマをもとに意見交換を行い、職業観の醸成と就職に向けたきっかけづくりを行います。

オフサイトミーティングの様子

■実践的派遣教育

 実践力を備えた産業人材の輩出を目的に、学研都市3大学の学生を対象に、自動車・ロボットの高度化、知能化分野において、企業の研究開発部門などへの派遣教育を支援します。

<要件>
・大学と企業が行う共同研究活動に参加し、一定期間企業に派遣されるもの。
・実態として概ね3か月以上にわたり、共同研究活動がなされているもの。
・所属する研究室の指導教員の同意がなされているもの。

社会人向けの人材育成

■情報人材育成事業 enPiT-everi

社会の課題を解決できる情報技術人材を育成
「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」は、情報技術を高度に活用して社会の具体的な課題を解決できる人材の育成機能を強化するため、産学協働の実践教育ネットワークを形成し、課題解決型学習(PBL)などの実践的な教育を推進し広く全国に普及することを目的としています。

【enPiT-everi(enPiT-Proの北九州市立大事業)の概要】
・文科省のH29-33事業
・社会人を対象に高度情報技術の学び直し教育
・代表校:北九州市立大学
 連携校:九州工業大学、熊本大学、宮崎大学、広島市立大学(早稲田大学は協力校)
・全国では5つの代表校が採択されました。

【事業の狙い】
 地域産業の競争力強化を図る人工知能とロボット技術を駆使したIoT 技術の社会実装を推進する。
 実践的人材育成コースの開発・実施。


【進捗、推進状況】
 H29/10:採択・準備
 H30年度:トライ(一部の授業、実習開始)
 H31年度:本格開始


■最新の自動車技術勉強会

 FAISでは、関連機関と連携して産学連携を基軸とした地場企業のモノづくりの研究開発支援・生産効率支援からビジネスの橋渡しまで一貫した取り組みを行っており、その一例として、革新的な駆動機構"e-Power"を開発された日産自動車㈱のエンジニアをお招きし、開発における最先端技術をご紹介頂きました。

セミナーの様子 e-Powerシステムの技術解説の様子

■自動車関連セミナー

 北九州産業学術推進機構が主催する「ひびきのサロン」において、自動車関連のセミナーを開催しています。

ひびきのサロンの様子 セミナーの様子